起業に効く!? 世界観ってなに?

今日は、起業家男性のコンサルです。

その方は、ご自身が行かれたセミナーで、自身の事業を表現する際に大切なこととして「世界観」というものを学んでこられて。

でも、その「世界観」なるものが何なのか腑に落ちないと。

そのセミナーでは、「世界観」

ストーリー と  設定 と キャクター

から、なるもので、その「世界観」をもとに、すべての発信をしていくことが大切であると学んだそうです。

目次

世界観ってなに?

そもそも、「世界観」の意味とは

世界についての統一的見方、考え方のこと。

だそうで、世界をどうとらえているか・・・ということ。

ただ、昨今、次の意味に使われているそうです。

本来は「世界とは何か」「世界における人間の位置付けは何か」という哲学的思想であるが、創作業界においては、創作で用いられる仮想世界の設定をこう呼ぶ。
転じて、その作品がジャンルの上で持っている雰囲気、その作家、作家の分身の主人公が持っている個性(作風)を指す言葉としても使われる。

<ピクシブ百科事典より>

そのセミナーの先生も、後者の意味で使われているのですね。

さて、 「世界観」で悩んでしまったその方は、自分が仕事を進めてきた仕事に「世界観」が存在しないのでは?ということに悩んでいました。

事業のコンセプト=世界観

かと思っていたら、違うと指摘されたということで。

 

藤崎的「世界観」の理解

お話をうかがい、世界観とは、こんなものかも、と私がまとめたのは、

コンセプト

ベネフィット

人柄

これらをまとめて表現した、そのサービスの<ムード>のようなもの。

事業には、はずせない「コンセプト」があり、ターゲットに利益をもたらす「ベネフィット」があり、それをどのように運営していきたいかは、自ずと経営者、オ-ナーのお人柄がでる。

そこから、自然に醸し出される「ムード」。
それが「世界観」なのではないでしょうか。

自然に醸し出されるムードですが、それを意識的に、サイトのデザイン、キャッチコピー、ブログの表現などに表現していくことで、その「世界観」が伝わっていくのだと思います。

JCCAの卒業生も、同じイメージコンサルティングの仕事をしながらも、その世界観はそれぞれ。
サイトや、ブログでの表現も、それぞれ違います。

すると、そのコンサルタントにあったお客様が訪ねてくださり、よい時間を過ごしていらっしゃいます。

世界観=   あなたと、お客様が共有する世界

そう考えてもよいかもしれません。

あなたは、どのような世界で、お客様をお迎えしますか?

ディズニーランドのワクワク感?

スバーバックスのまったり感?

サスペンス映画のドキドキ感?

あなたのコンセプトに、お客様へ提供できるベネフィットをプラス。それをあなたのお人柄でくるんだら「世界観」の出来上がりです。

イメージコンサルタントであれば、サイトや名刺のデザイン、キャッチコピーや、ブログ表現とあわせて、あなた自身のファッションや、表情や、話し方が、「世界観」そのもの。

まったくもって、まるごとの自分で勝負する仕事なんだなぁと改めて思います。

JCCAでは、在学中から、受講生の方向性をクリアにし、発信力を高める指導をしてまいります。
卒業後、迷子にならないよう、しっかり指導いたしますので、ご安心くださいね。

プロの技術に磨きをかけ、差別化をはかる新メソッド
短期集中で学ぶ、エクスプレスクラスを開講します。

カラーコンサルタント イメージコンサルタント パーソナルスタイリスト限定
アナトミカルスタイリング   エクスプレスクラス
<大阪校>
5月16日開講  残席2名

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

マーケティングプランナーとして活動後、独自のセブンシーズンメソッドを確立しイメージコンサルタントとして独立。2004年よりイメージコンサルンタント養成スクールを立ち上げ、現在に至る。百貨店、テーマパークの社員向けブラッシュアップ講座など企業研修多数。人の表現力を最大限に活かす教育をミッションとしている。

目次
閉じる