華をちょい足し 大人のスタイリング

目次

大人スタイリングの大問題

大人スタイリングに、洗練と女性らしさを加えるには?
年齢を重ねると、スタイリングに「勢い」がなくなるように思います。

スタイリングの「勢い」とは、

私、こんな感じが好きなの!
旬なアイテム入れてみたよ!
理想の女性像を演じてみた!
モテを意識してるの!
上質なものと、プチプラのおしゃれミックス!

着こなす方の「楽しい~♪」が伝わってくるようなスタイリング。

鏡の前で試行錯誤。
ちょっとでも可愛くみせるにはどうしたら?

そんな楽しみも、忙しいお仕事に忙殺され、家事や育児に追われ、体型や肌に年齢を感じ。。。。

そんなこんなで、

無難な
いつもの
これが自分らしい?
スタイリングになっている方も多いのではないでしょうか。

華をちょい足し で、洗練と女性らしさをプラス

そんなちょっと物足りない大人のスタイリングに、ほんの3秒で洗練と女性らしさをプラスする方法があります。

それは、

華のちょい足し

「ちょい」がポイントなのです。

華のある、色、質感、形、動き、組み合わせ、アクセサリー、小物・・・などを「ちょい」足していくのです。

これが、なぜかお好きな方は、過剰に足してしまい、そうでない方は華が少なすぎる場合が多いと思うのです。
過剰に華があると品が失われ、華がないと女性らしいやわらかさを演出できません。

華ってなんだろう

それでは、ちょい足しすべき「華」とは何でしょうか。

色でいえば
鮮やかな色や、クリアで優しい色。
ピンク、ローズピンク、サーモンピンク、ラベンダー、ライラック、ロイヤルブルー、パープル、レモンイエロー、ミントグリーン、スカイブルーなどなど
綺麗な色が、お顔を明るくみせてくれます。

配色で言えば
全体を明るいトーンでまとめる、鮮やかな色を主役にするなど、モノトーンの場合は質感で変化を

柄でいえば
花柄や、水玉などの可愛らしさがある柄。クールすぎない幾何学模様など

質感で言えば
サテンのような艶やかな生地、モヘアのふわふわ感 透け感のある素材 レース素材
薄く身体に沿って揺れるような素材 ボディラインを綺麗に魅せるリブ
光る素材をアクセサリーやバッグなど小物にする。

形で言えば
胸元を美しくみせるV襟、襟まわりのフリルや、カシュクール
女性らしい丸みを感じるボトムスのライン

動きで言えば
薄く歩くたびに裾が揺れるスカート
動きのあるピアスやイヤリング
やわらかなスカーフをラフにまとう

モチーフでいえば
花や、星や、動物や、可愛らしさや華やかさのあるモチーフ 柄やアクセサリーで

さて、あなたに必要な「華」は何でしょうか。

ヘアスタイルも大きなポイント。
もともとロングヘアや、ウェーブのミディアムなど女性らしさや華やかながあるヘアスタイルの場合は、華はほんのちょい足しで。
逆にショートヘアなど活動的なイメージの方は、華を多めにプラスして。

華の差し引き

この「華」の差し引きが大人のスタイリングの洗練度合を決めますね。
お顔が「甘め」か「クール」かというところも加味にして全体で、ほんのり華を感じられるように。

そしてオンラインの場合は、上半身にくどくない程度に華を足した方が、あなたの存在感が増し、場も明るくなりますよ。
ぜひ色々試してみてくださいね。

藤崎のちょい華スタイリング例

https://www.instagram.com/p/CLi9RX-AHq7/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

マーケティングプランナーとして活動後、独自のセブンシーズンメソッドを確立しイメージコンサルタントとして独立。2004年よりイメージコンサルンタント養成スクールを立ち上げ、現在に至る。百貨店、テーマパークの社員向けブラッシュアップ講座など企業研修多数。人の表現力を最大限に活かす教育をミッションとしている。

目次
閉じる